なぜあたたかい夏に便秘が起こるのか?

腹痛

毎年夏になると便秘で…そんなことはないですか?便秘には、夏になりやすい人と、冬になりやすい人が存在します。今回は夏に便秘になる理由と、それに対する対処法をお届けします。

夏に便秘になりやすい人というのは、水分が不足している可能性があります。

普段から水を飲む習慣がない人は、夏になって汗を多くかくようになると、身体が水分不足ぎみになってしまい、便が硬くなってしまいます。

 

知らないうちに水分不足かも?

普段クーラーの効いた涼しい環境にいて、のどの渇きを感じにくい場合、知らないうちに水分不足になっていることが原因のひとつです。

暑い夏に美味しいのがキンキンに冷えたビール!帰宅してすぐに冷蔵庫を開け、ビールを飲んで乾いた喉をうるおし、水分を摂取した感覚になっているかもしれませんが、それは誤解です。

アルコールには利尿作用があり、ただでさえ渇ききった身体をさらに水分不足に…。

それではアルコール以外の水分を取れば!と思うのですが、カフェインが含んでいないものを飲んでください。何故なら、カフェインにはアルコールと同等に利尿効果があるので、水分を余計に排出してしまいます。

水分を取るなら、ノンカフェインの麦茶、一番のおすすめは『お水』です。

人間の体が1日に必要とする水の量は、1.5リットル。汗を多くかいた日は2リットル以上必要と言われています。便秘かなと思った人で水を飲もうかなと思った人は1.5~2リットルを目安に、毎日飲んでみてください。

 

夏バテが原因で便秘になることもあるようです。

夏バテになると食欲が低下し、冷たいアイスクリームやかき氷、そうめんや冷やし中華などの麺類ばかり食べてしまってはいないでしょうか。麺類の主成分は、炭水化物。タンパク質、ビタミン、脂肪、ミネラル、食物繊維などが不足してしまい、便秘の可能性が高くなります。食物繊維が不足しているのであれば、朝に果物を食べることをおすすめします。夏に時期的におすすめなのは、スイカです。食物繊維と水分が豊富な果物になります。

夏は水分を多めに取って夏バテにならないように食べ物に気をつけ、クーラーによる体の冷えや渇きにも注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


1 / 11