国内で販売されているミネラルウォーター

お水の硬度

こんにちは。寒さに凍えて肩こりが悪化している

オンラインショップ頼れる.jpの店員Yです。

 

自動販売機、コンビニやスーパーなどで販売されている飲料水・炭酸水の一覧を作ってみました!

軟水(硬度0~100mg/l 未満)

  • サントリー南アルプスの天然水(硬度30mg/l)
  • いろはす(硬度36.1~40.0mg/l)
  • クリスタルガイザー(硬度38mg/l)
  • キリン アルカリイオンの水(硬度50mg/l)
  • ヴォルビック(硬度60mg/l)

中硬水(硬度100~300mg/l未満)

  • エヴィアン(304mg/l)

硬水(硬度300mg/l以上)

  • ヴィッテル(硬度315mg/l)
  • 命の硬水(320mg/l)
  • ペリエ(400.5mg/l)
  • コントレックス(1468mg/l)

とまぁメジャーなお水はこんなところでしょうか?

その中で気になったのが「いろはす」。

なんで硬度に開きがあるの?

いろんなところで採水されてました

いろはすの採水地は全国に7か所。北海道、山梨県、富山県、静岡県、鳥取県、愛媛県、宮崎県で採水されています。

わたし、これ知りませんでした。というのも、いろはすの味が苦手であまり購入しなかったので…(言い訳

採水地によって硬度っていろいろあるんだなーと改めて実感しました。

ちなみに「いろはす」の名前の由来は物事の始まりを表す「いろは」と、健康で持続可能であること、またこれを重視する生活様式を意味する「LOHAS」(ロハス)を合わせたもの(by wikipedia)だそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


1 / 11